amco culture & journey

menu

RND_輪土 バックナンバー

わたしたちは敦賀方面から木ノ芽古道を登り、福井を南北に分ける峠をめざしていたのだ。そう、いつもながら、すべてはなりゆきで…。 価格:無料 出版:2013/9/20判形:148×210mm /6p             →アムコでの店頭配布 ...

続きを読む

三浦半島の久里浜から東京湾フェリーに乗って約40分、その先にある房州は、海と山に囲まれた自然豊かな土地。遥か昔、政治の中枢があった畿内から、北方の常陸国を目指す時、現在の東海道をゆく陸路のルートではなく、同じ航路を横須賀から船で上総国へと渡 ...

続きを読む

眩しいほどの新緑の中、豪快なヘアピンカーブを一気に登っていく。九十九折も標高が上がるにつれ激しくなるが、わたしたちのバンは獣道を迷いなく駆ける動物のように峠道を快調にクリアし、いよいよ六十里越にさしかかろうとしていた。高度計は755Mを示し ...

続きを読む

赤瓦の美しい石州・石見地方は、姉御こと著者瀬上が生まれ育った町。 故郷を離れた20数年、知っているようで知らなかった故郷の魅力と、 心の奥底に仕舞い込んでいたふるさとへの想いを発掘する……。石州が秘める大いなる魅力に迫ります。 目次 ◎石州 ...

続きを読む

うちの大将が足しげく通う鈴鹿の、そのわずか先にある「伊賀」。 忍者程度の認識しかない私が、その特殊な地域になぜか心惹かれたのでした。 目次 ◎伊賀への旅「どこでもない、伊賀」 ◎伊賀の作家さんに会いに行きました 城 進/吉村 尚子/尾花 友 ...

続きを読む

自分にとっては、関西の地方都市みたいな感覚だった徳島 それが山あいで暮らす人々の生き方や、この地の歴史を実際に知ると…… 胸が苦しくなるほど熱い熱い“阿波”の、まだ見ぬ何かを知るために わたしたちは四国へ渡りました 価格: 1,000円(税 ...

続きを読む

RND_輪土 rindo 最新号

RND_輪土 第七話
阿波への旅「その奥にある刹那」
価格:1,000円(税別)
発行:2016/11/30
判形:A5判 / 本文96頁
制作:株式会社スクーデリア/スクーデリアブックス
ISBN:978-4-907071-05-9

pagetop